世間話、雑談、山海異聞など
ここで自由に交流できます
#18
ゲームが正式にリリースされてから今日で1週間が経ちました。もうすでにゲーム内の多くのキャラクターをみることができたかもしれません。
ストーリーに集中して、物語のキャラクターに注意を払わなかった人もいるかもしれないので、今日は女性キャラクターの立ち絵をいくつか紹介します!
制作チームがキャラクターを作るとき、細部のデザインまでこだわっているのでぜひご覧ください!

【夜雪】
1.png
1.png (512.04 KiB) 閲覧された回数 17036 回
夜雪の身分は幽冥族の魔女であり、彼女の登場によって物語の大きな陰謀が徐々に明らかになり始めるのである。
夜雪のデザインは、全体的に血に染まったような深い赤色をしている。それは、彼女は復讐のため生きているという性格からである。
ドレスの裾が上がり、伝説の地獄の花「曼珠沙華」を思わせるような形で表現されている。ドレスとその装飾品には、まるで冥界の魔女が敵を冷静に見張っているかのように、目のような模様がいくつも施されている。



【熾羽】
2.png
2.png (542.93 KiB) 閲覧された回数 17036 回
熾羽は巫族一族の勇敢で責任感が強い王女で、ストーリーでプレイヤーと仲良くなった。世界を救うというプレイヤーの使命を知ってから、ずっと自分の役割を果たしたいと思っていた。
お姫様でありながら、仲間や友人にはとても親切である。温もりを象徴するオレンジ色は彼女にぴったりである。また、巫族は古くから力があり狩猟に長けた者を尊ぶ民族であるため、服には動物の毛皮があしらわれ、鳥の羽のような頭飾りは高貴な姫を象徴している。


【楽兮】
3.png
3.png (412.54 KiB) 閲覧された回数 17036 回
軒轅城の守護者である莫離の妻で、人間でありながら怪我をした莫離を助け、介抱する優しい女性である。しかし、半妖の莫離は人間に受け入れられず、楽兮は彼を守るために、戦いで重傷を負ってしまう。最後は少典のおかけで、二人はようやく軒轅城で一緒に生活することができるようになった。
楽兮の衣装はどちらかというと日常的なデザインで、余計な装飾はないが、服の色は湖のような青緑色で、人をリラックスさせる色合いで、楽兮の穏やかで寛容な性格が反映されている。

いかがでしたか。立ち絵のデザインを見て、キャラクターの設定をより深く理解できたのではないでしょうか?
もちろん、ストーリーが進むにつれて、プレイヤーはよりキャラクターの深みを知ることになるし、それぞれのキャラクターにはそれぞれのストーリーがあるので、もしかしたら、キャラクターのデザインに注目すれば、その正体もある程度わかるかもしれません!
「山海」運営チーム