世間話、雑談、山海異聞など
ここで自由に交流できます
アバター
By admin
#13
洪荒時代には、天地は分断されておらず、混沌の中で生まれた生霊はまだ修練する術がありませんでした。 魔祖は殺戮で世界を支配しようと試みたが、4人の聖人が魔祖を封印した後、強力な斧で天地は切り裂かれ、精血が何千もの生霊に養を与えた。十二祖巫は盤古の堕落後の精血によって誕生した。
盤古.png
盤古.png (356.5 KiB) 閲覧された回数 16886 回
その後何千年もの間、さまざまな生き物は徐々に独自の修練方法を習得し、それぞれの派系に分離していった。妖族は天へ飛び去り、東皇太一は新しい秩序が確立し、神族となった。地上では、祖巫の強力な力によって統治されていた。
神族と巫族はそれぞれ盤古の精血に残された力を保有していたため、どちらがどちらを支配するわけでもなかった。二つの種族は天地の二界に分けられたが、それでも衝突は避けられなかった。巫族は自身の盤古の正統性をさらに誇りに思っていた。
天地の間の無数の生物に災いをもたらした「誅天の戦」も、巫族の好戦的な性格によって引き起こされたと言える。 この戦いでは、巫族と神族は昼夜を問わず戦い、ついに十二祖巫の一人である共工が天地を結ぶ山を倒した。 聖人女媧は、天地を守るために戦争を阻止するためにやってきた。
1.jpg
1.jpg (51.56 KiB) 閲覧された回数 16886 回
しかし、一族には常に特殊な例がある。天性からの好戦的な性格の巫族の中にも、慈悲と正義をもった人がいる。強良こそが、この巫族の中で特別な人物である。
強良は元々、誅天の戦で重傷を負ったが、巫族に帰らずに、偶然に人間の領地である――軒轅城にたどり着いた。 強良はかつて人類のリーダーである少典を嫌っていたが、それは少典に流れる女媧の血のためだった。
しかし、予期していなかったのは、少典が強良の怪我の治療をしている時に、強良は少典のペット「ブルブル」とふれあい、種族間の争いをすることが正しいことなのか考えるようになった。少典の誠実な対応とも相まって、強良と少典は親しい友人になった。 その後、強良は少典を何度も苦境から救った。

少司命のみなさんは、少典の愛弟子なので、このちょっと気性の荒い巫族とも関係がありますね。続きのストーリーはゲームの中で体験してください!
「山海」運営チーム