世間話、雑談、山海異聞など
ここで自由に交流できます
#22
広大な土地には、弓矢を使うことに優れている人々がいる。彼らは勇敢でありながら、勤勉で優しい心を持ち、平和な生活を愛している。彼らこそが有窮部族である。そして、この部族を統治する人物が后羿であり、人々からは尊敬を込めて大羿と呼ばれている。
1.png
1.png (612.51 KiB) 閲覧された回数 15144 回
ゲーム内の有窮部落は一見荒れ果てた土地に見えるが、実際は、大羿の統治の下で、繁栄し秩序ある部族を築いている。
生活する住居、首領の大殿、川に架かる橋、広い通路など、すべてが揃っている。
2.png
2.png (593.13 KiB) 閲覧された回数 15144 回
ゲーム内では神話の一部を借用しているため、有窮部族は巫族の子孫という設定になっており、后羿は強大な力を持つ大巫となっている。はるか昔、巫族と妖神族による大戦争が勃発したため、有窮部落では妖神の在り方について際限なく議論した。意見が食い違う中、部族の首領である后羿は、妖神と平和に共存することを主張した。
長い時を経て、后羿の統治の下、巫族と妖神族は平和な関係を維持することができるようになった。
3.png
3.png (632.14 KiB) 閲覧された回数 15144 回
しかし、少司命がここへやってくると、かつては平穏な部落ではなく、巫族と妖神による悲惨な戦争が始まろうとしていたのだ。
4.png
4.png (765.43 KiB) 閲覧された回数 15144 回
結局のところ、巫族と妖神族の間にはどのような論争が存在するのか、そして長年の平和を壊した事件の背後にはどんな物語が隠されているのか。そして少司命が来たことにより、局面はどのように変わるのか。
この後の物語は自らが作ることになるだろう。